環境生活文化機構とは

ご挨拶


会長

本機構は、平成8年2月に社団法人として認可を受け、環境保全に配慮した生活文化の創造に寄与することを目的に設立しました。

現在の主事業であるユニフォームのリサイクルシステムを立ち上げ、南九州におけるリユースびんシステムを構築するなどこれまで様々な事業を行ってまいりました。

そして、平成25年4月、内閣総理大臣より認定を受け、「公益社団法人環境生活文化機構」として新しくスタートを切りました。

日本はいま、東日本大震災という未曾有の自然災害を経験し、他者を思いやる心、支え合い、助け合いという互助・共助の精神を国民全体が共有し、実践していくことがなによりも求められています。

このような世情の中、広く国民一般の利益を追求する公益法人の役割、使命はますます大きな意義を持ちます。

本機構は、地球環境の保全に関する様々な活動を通じて、環境への負荷ができる限り低減される生活文化の創造に寄与するようさらに努力し、社会全体から共感、信頼を得られる公益法人を目指してまいる所存でございます。

皆さまのなお一層のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

元参議院議員 元環境庁長官
公益社団法人 環境生活文化機構 会長
広中 和歌子